EPLANを使用した電気設計を実現するための技術情報サイト

EPLANを使用した電気設計を実現するための技術情報サイト|EPLAN電気設計.COM

EPLANに関するお困りごと技術相談室

メールでのお問い合わせ

ePLANはここが違う!電気設計の7つのお悩みを解決します!
 修正作業のコストを大幅削減!       

1つの図面であっても修正があると関連図面の修正が大変...
ePLANは図面の修正を自動で関連図面へ反映!戻り作業のコストを大幅に軽減します!

 使い回しで大幅な効率アップ!       

同じ部品情報を色々な図面に反映するのが大変...ePLANは作成されたデータが
データベースに蓄積されるので、図面間の部品情報や過去の資産が有効活用できます!

 部品の状況把握に図面を読む手間なし!     

この部品はどの図面のどこに接続されていたかな...EPLANナビゲータは、各図面中で
使用されている部品の状況確認が可能で、該当する機器や線番へジャンプすることができます!

 翻訳ソフトに頼る必要はありません!      

海外のお客様向けに全ての図面を翻訳するのは大変...
ePLANは世界17か国に対応!標準で3万語の辞書を内蔵し、表示方法も思いのままに表示可能です!

 簡単に帳票を作成できる!         

帳票を作る際、一つ一つ拾い上げていくと大変...データベース搭載しているEPLANだからこそ、
クリックだけで帳票を取り出せます。データ修正後の更新も一瞬です!

 2D CAD感覚の操作感!         

3D CADは敷居が高い...『ePLAN Pro Panel』は、2D CADの操作感で、簡単に3D盤モデルを
作成できます。配線やダクト占有率、機器の干渉チェックなどシュミレートすることもできます!

 大手自動車メーカーも採用!         

技術的に難しそう...図面自動作成ツール『ePLAN EEC One』は、業務効率化の最先端ツール。
業務内容を標準化すれば、パラメータを入力するだけで図面を自動作成できます!

EPLANは、グローバル企業の様々な要求に対応するため、長い年月をかけてEPLANプラットフォームと名付けられた統合データベースを構築しました。全ての情報がEPLANプラットフォーム上で一元管理され、ユーザーの作業を「ただ絵をかく」から「エンジニアリングを行う」に変化させます。統合データベースを採用すると、柔軟性が薄れ、重いシステムになりがちですが、EPLANプラットフォームは、フレキシブルでありながら、データをリアルタイムで統合管理する秀逸なプラットフォームに仕上がっています。

EPLANの機能について

高度なエンジニアリング機能

電気設計の基本機能

新着情報

2015.06.03

トッページをリニューアルしました。

2015.06.03

「特集3」に「EPLAN 展示会動画」を追加しました。

2015.05.14

「技術者のつぶやき」に「ePLAN-電機設計CAD-研修」を掲載しました。

2014.11.17

「技術者のつぶやき」に「電気CAD『EPLAN』を『シーテック2014』に出展しました。」を掲載しました。

2014.09.30

「技術者のつぶやき」に「『ePLAN電気設計.COM』ついにオープン」を掲載しました。

新着情報の一覧